一人暮らし 費用が完璧に不足よね

父と喧嘩ばかりの長男、些細な事で言い争う。親子で喧嘩ばっか、変。昨夜「出て行く」発言した兄。ラッキーと思う自分。居れば、煩くてたまらんから。

一人暮らし 費用が無いらしく、小声で金貸せ要求。三十路手前で貯金は、まさかゼロ?情け無く、更に哀れ。

興味本位で額を聞く。50万要求。一人暮らし 費用持たずなら、実家離れる事不可能っす。こっちもガッカリ。貸しても返って来ずと予想出来る。

恵むつもり毛頭無い。引っ込み付かず、文句喚きまくり八つ当たり。母が泣きそう。自分の息子だろに。泣いて解決無理、育児大失敗よ。

出て行く騒動後、友達宅を泊まり歩き、数週間後帰宅。カッコ悪過ぎ、笑いも出ません。ニート、アルバイト繰り返したツケ。

貧乏人生確定、再度懇願。一人暮らし 費用分立て替えろ!マジ嫌、プライド持ち合わせない、最低じゃんか。自分の家族だが、縁切りたいレベル。

実際は切れず、今後迷惑来そうで恐怖。私が先に独立すべきかも。今がその時?社会人数年、余裕で250万貯蓄。一般的だろうよ。

一人暮らし 費用に充て、電化製品も最低限買い、生活出来る予測。真面目にアパート探し開始。

勉強中に思う本当の事

しかし、こうやって子供が元気に成長する姿を見る一方、ホームヘルパーの勉強してると、年をとることが悲しくなってくるなぁ。

授業中や人から聞く介護現場での話、高齢者の話なんて聞くと、「人生って何だろう」って思っちゃう。いや、「老い」は誰にでも来るんだけどねー。

例えば、実際に介護される立場で実習するんだけど、排泄の世話も人にしてもらう体験があり、正直表現していいか。そういう事を実習で体験すると、悲しくなる。

しかもそのおむつ交換も、子供とはやり方が違うから大変。骨やら筋肉が弱っているから、これ以上無いほどに気を使わなきゃいけないそうだ。

子供はある程度成長すれば、結構頑丈だったり。ましてやうちの家系はみんな頑丈だから、多少乱暴に扱っても全然OKみたいだけどね。

夫 line 浮気に大きな罰を下す

夫 line 浮気され、彼を糾弾した末、家を飛び出し、亭主の差し向けた手下より逃れ、逃亡生活を続けて早数年。

名と姿を変え、全く別の人間となり、安穏たる日々を過ごすに至る。けど、未だ脳裏に消えぬ、夫 line 浮気。これほど罪な事はねーわ。

まったく。と、思えば尚更、再婚も憚られるどころか、交際を持つ気すら起きず。一人身が続く、虚しき日々。

「ならば、見合いはどう?」馬鹿な。実家も捨て、名すら捨てたバツイチ。素性も知れぬ女と誰が...。「大丈夫。知り合いにそーゆー人もOKって人、いるから」

勘弁。夫 line 浮気されて以来、男性不信なの。「あら、じゃお相手は...」馬鹿。邪推せんで頂戴。誰とも交わらず、まあ...一人虚空を見つめ、過ごすばかり。

「お若き今が華。勿体無い事」世辞はやめて頂戴。夫 line 浮気を許す事すら出来ず、過去に憑りつかれたアラサー女よ。

「謙遜を...。幾ら自虐しよーと、何も良くなりゃせぬわ」愚痴りたくもなるわ。こー、上手にいかぬ人生じゃ。「ならば転機と見て、尚更変えるべき」